2017年版 iPad Pro (12.9インチ) レビュー

iPad Air2でゲームなどをやっていて、プレイ中ストレスを感じ2017年6月発売のiPad Pro (12.9インチ)に乗り換えた際の使用感などレビューします。

今まではiPad Air2を使用していましたので、Air2との比較要素多めです。

iPad Air2の不満点

iPad Air2を使用していて、以下の不満点がありました。

  1. スピーカーが下部1か所
    ・・横向きに置いて、動画を見たりゲームをプレイしていて
      片耳からしか音が聞こえない。

  2. 画面が小さい
    ・・動画サイトを見ていて、目を凝らさないと細部が確認し辛い場合がある。

  3. 処理能力が足りない場合がある
    ・・リズムゲームなどをプレイしていて、処理落ちのせいでアイコンタップ後に
      時間差でタップ音が鳴る場合があるためプレイし辛い。

以上の不満点があったことや、以前からiPad Pro+Apple Pencilでのお絵かきに興味があり、最近(2017年6月) iPad Pro 第2世代が発売されたこともあり、iPad Pro 12.9インチへの乗り換えを決意しました。

iPad Proとは

2015年11月に第一世代が発売され、2017年6月に第二世代が新しく発売されたiPadシリーズの最上位性能モデルです。
下表に、iPad Proの第一世代と第二世代、あと参考用にiPad Air2の簡単なスペック比較を掲載します。

 iPad Air2 (参考)iPad Pro 第一世代iPad Pro 第二世代
サイズ9.7 (インチ)

9.7、12.9 (インチ)

10.5、12.9 (インチ)
CPUA8X
(3コア 1.5GHz,64bit)

A9X
(2コア 2.26GHz,64bit)

A10X Fusion
(6コア 2.38GHz,64bit)
メモリー2GB

2GB (9.7インチ)
4GB (12.9インチ)

4GB
ストレージ16、64、128 (GB)32、128、256 (GB)64、256、512 (GB)
画面

2,048 x 1,536
※描画速度:60Hz

2,048 x 1,536 (9.7インチ)
2,732 x 2,048 (12.9インチ)
※描画速度:60Hz

2,224 x 1,668 (10.5インチ)
2,732 x 2,048 (12.9インチ)
※描画速度:120Hz
スピーカー下部に2つ上部・下部に2つずつ上部・下部に2つずつ
電池容量7,340 mAh

7,306 mAh (9.7インチ)
10,307 mAh (12.9インチ)

8,134 mAh (10.5インチ)
10,307 mAh (12.9インチ)
重量約 440g

約 440g (9.7インチ)
約 718g (12.9インチ)

約 473g (10.5インチ)
約 718g (12.9インチ)
iPad Proの購入

iPad Proの購入にあたり、自分の使用用途を考慮し、動画を見たり絵を描いたりゲームをするため画面は一番大きいモデル、写真や動画を撮って保存などはしないのでストレージはAir2の時と同じ64GB、通信環境はスマホのテザリング経由で問題ないとの結論に至り、iPad Pro 12.9インチ 64GB スペースグレイ WiFiモデルを選びました。

購入にかかった費用

最終的にすべて揃えるのに掛かった費用が以下の通りです。

製品価格消費税
iPad Pro 12.9インチ 64GB WiFi\86,790\6,943
Apple Pencil\10,790\863
iPad Pro レザースマートカバー\9,800\784
Apple Care+ for iPad\9,400\752
\116,780\9,342
総計\126,122

覚悟はしていましたが、やはりApple製品はいいお値段がします。
それでも、購入後満足していますので、後悔はありません。

箱外観・付属品

・箱外観

iPad Proが入っていた箱の外観は以下の画像の通りでした。

広い湖の真ん中に、かなり小さく浮き輪で浮かんでいる女性が写っています。

新しいiPadの画面は細かい部分もしっかりと見えるという現れでしょうか。

・内容物

箱を空けると、内容物として以下のものが入っていました。

>当たり前ですが、iPad Pro本体


※サイズ参考に100円玉上部に置いています。

>説明書・Appleシール・PCリサイクルについての説明

 説明書アップ(表)

 説明書アップ(裏)


>ACアダプタ・ライトニングケーブル

 ACアダプタの出力は12W (5V 2.4A)でした。

iPad Proの内容物は以上です。

iPad Proレビュー
電池持ちについて

2017年版 iPad Pro 12.9インチを長時間連続で使用して、どれだけ電池が持つのかを使用時間を計測しながら使ってみました。
※あくまで確認レベルですので、粗削り要素多めです。

バッテリー残量が100%状態で、動画視聴を5.7時間、リズムゲームを1.1時間連続して行い、バッテリー残量を再確認したところ、バッテリー残量がまだ33%も残っていました。
(12.9インチ画面で一度も画面オフせずに使用しての電池持ちと考えると驚異的です)

確認時の詳細な使用時間、バッテリー減りは以下の通りです。

用途使用時間バッテリー減り1%減るのに要した時間 
動画345.8 分50%7 分
ゲーム69.5 分17%4 分

この表から単純計算すると、バッテリー残量が100%の状態で、動画視聴のみでは11.6時間、ゲームプレイのみで6.6時間持つ計算となります。
※単純計算ですので、実際の使用状況によっては大幅に持ち時間が変わる可能性があります。

ベンチマーク比較

次に今まで使用していたiPad Air2と、今回購入したiPad Pro 12.9インチのベンチマーク比較をしてみました。
実際に言葉で説明するよりも早いと思いますので、以下の比較動画をご覧ください。

スコアは以下の通りとなりました。

iPad Air2103762
iPad Pro224041

iPad Air2ではロード後に一瞬固まったり、カクつく箇所があったのが、iPad Proでは全体的にスムーズになっていると目で見てわかります。
最終的なスコアも2倍以上の差があり、A8XからA10X Fusionの進化が見て取れます。
(2年以上の差があるので当たり前といえば当たり前ですが)

現在Air2を持っていて、Proに興味を持っている方には、性能的に見てもぜひおすすめです。

Apple Pencilの追従性

Apple Pencilで書いた時の描画性能を検証してみました。
下記に検証した際の動画を掲載します。
検証は、文字→文字(0.25倍速)→直線→直線(0.25倍速)→円→円(0.25倍速)の順で行っています。
(最初の文字の字が汚い&誤字は見逃してください)

0.25倍速で再生しても、Pencilで書いた後の追従で遅れがほぼ存在していないのが確認できます。
0.25倍速でこれだけ少ない遅れなので、普通に書いている分には遅延は気にならないレベルと言えそうですね。

最後に

簡単にですが、iPad Pro 12.9inchのレビューをさせていただきました。
Air2からの乗り換えですが、処理性能・画面サイズ・電池持ちなど、総合的に見ても乗り換えて正解でした。
特に、ゲーム時のカクつきがなくなったのが大きいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする